ボトックスの副作用や効果【医師の技術も進歩してきている】

ボトックスの副作用や効果【医師の技術も進歩してきている】

製剤の種類で価格が変わる

顔に触れる女性

医師の技術の進歩

ボトックスは顔だけでなく、ワキの下に使用して汗をかかないようにしたり、ふくらはぎに使用したりすることもあります。ふくらはぎの場合には足痩せの効果のために使用します。ふくらはぎは足痩せをするのが難しいと言われている部位です。それは日ごろから脚を使って歩いたり、走ったりすることがあるとふくらはぎの筋肉が休まる暇がないからです。ふくらはぎは筋肉と脂肪の両方の原因で太くなりますが、他の部位よりも筋肉量が多いという特徴があります。そのため、お腹や太もものように脂肪吸引で効果的に細くすることが難しいとされています。ボトックスは筋肉に働きかける薬なので、ふくらはぎに使用すると数カ月間はふくらはぎの筋肉を使わずに生活することになります。そうすると使っていない筋肉が徐々に落ちていき、結果的にふくらはぎが細くなるというものです。この施術は注射をしてから脚が細くなるまでに最低でも2週間ほどかかります。最初は脚が動きにくいという副作用がでることもありますが、次第に慣れていけばいつもと同じように脚が動かせるようになります。筋肉の動きを抑制するのは一部分だけなので、副作用が出たとしても日常生活には支障のない程度です。ふくらはぎにボトックスを使用する場合には、片足100単位、両足で200単位ほどを使用します。この時に使う製材の種類でかかる費用には違いが出てきます。最も品質が良いとされているアメリカ製のものを使用した時には8万円〜25万円ほどです。これよりも、価格の安い韓国製のものを使用した場合には4万円〜16万円ほどになります。ボトックスは注射をするだけの施術なので、大きな傷が残るような重篤な副作用はありません。そのため多くの人が気軽に利用できるというメリットがあり、何度もボトックスをしている人も珍しくありません。今は症例数が多くなったということもあり、医師の技術も進歩してきています。そのため医師の技術の不足による副作用はかなり少なくなってきています。過去には初めてボトックスを使うという医師も多く、どのように使うと抗家庭課という情報も十分に普及していませんでした。もちろん基本的な手技はできる医師ばかりでしたが、施術を行ってみると、予想よりのも強く薬剤の効果が出るという副作用もありました。ボトックスは筋肉の動きを抑制しますが、どれくらい抑制するのかは、注入する薬剤の量で決まります。量が少なすぎる場合には表情シワはなくならず、施術をする前との変化がほとんどないという失敗をしてしまいます。この場合は後で薬剤を追加するという方法もありますが、もう一度痛い体験をしなくてはいけません。そして適切な量がしっかりと把握できていないと、効果をしっかりと出すために多めの量を注入してしまうこともあります。その場合は予想よりも麻痺させる範囲が広かったり、麻痺の程度が強かったりして、不自然な表情になってしまいます。ボトックスは最初に注入をしてから、体の内部に浸透していくまでに時間がかかります。そのため、注射をしている時に、適切な量かどうかを判断することはできません。過去にはこのような、知識や経験が不足している医師が量を多く入れすぎるという副作用もあったようです。

注射

医療用製剤なので安心

ボトックスはボツリヌス菌の中から必要な成分だけを取り出した製剤です。医療用に治療目的で使用されているものなので、安全性に関しては確かな製剤です。もしも副作用が起きた時には担当医に相談をして、次の施術の際には改善してもらいましょう。

顔に触れる女性

痛みを軽くするために

ボトックスは注射をうつだけで効果を出せ、副作用はほとんどありませんが、薬剤を注入する時には痛みを伴います。どうしても痛みを感じたくないという場合には医師に相談しましょう。副作用が起きた時には、担当医に伝えることが副作用の予防になります。

女医

注射器だけで優れた効果

ボトックス注射は小顔効果や若返り効果を得ることが出来る優れた施術です。副作用も少なく、もし出てしまった場合でも一時的な場合が多くなっています。メスも使用しない為、大きな傷をつくらずダウンタイムもほとんどいらないので大変おすすめの施術です。

人気記事

注射

医療用製剤なので安心

ボトックスはボツリヌス菌の中から必要な成分だけを取り出した製剤です。医療用に治療目的で使用されているものなので、安全性に関しては確かな製剤です。もしも副作用が起きた時には担当医に相談をして、次の施術の際には改善してもらいましょう。

顔に触れる女性

痛みを軽くするために

ボトックスは注射をうつだけで効果を出せ、副作用はほとんどありませんが、薬剤を注入する時には痛みを伴います。どうしても痛みを感じたくないという場合には医師に相談しましょう。副作用が起きた時には、担当医に伝えることが副作用の予防になります。

女医

注射器だけで優れた効果

ボトックス注射は小顔効果や若返り効果を得ることが出来る優れた施術です。副作用も少なく、もし出てしまった場合でも一時的な場合が多くなっています。メスも使用しない為、大きな傷をつくらずダウンタイムもほとんどいらないので大変おすすめの施術です。

Copyright© 2018 ボトックスの副作用や効果【医師の技術も進歩してきている】 All Rights Reserved.